アレルギー性のフケ症

一般的にふけ症とは、頭皮にかゆみを伴い皮膚炎が生じ、慢性化した状態の事をいいます。色は、白色または灰色のふけが頭部の一部や全体にみられ、爪でかいたりクシで髪をとかしたりするとはがれ落ちます。「頭部粃糠疹(とうぶひこうしん)」とも呼ばれ、この症状に加えて脱毛を伴う場合には「粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう」と呼ばれています。また、ふけ症とは、脂漏性皮膚炎の一種なのですが男性ホルモンであるアンドロゲンの影響が考えられています。近年ではマラセチアというカビによるアレルギー反応という節が有力とされています。
ふけ症で一番多いのが脂漏性皮膚炎の軽症型なんだそうです。この「脂漏」と言うのはは皮脂の分泌が多い事を意味します。
脂漏の特徴を持つ部位である頭、みけん、鼻の両側、耳などの皮膚が赤くなり、頭からは脂っぽいふけがたくさん出る皮膚病の一種です。ところが軽症だと赤くならずにふけだけが出るという事のようです。アレルギーという場合もあります。20代女性 育毛剤 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です