冷え性の人

冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が低下することが知られています。最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。血流のわだかまりを解消し、自律神経に働きかけ、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。基礎体温でタイミングを見計らっても、ぜんぜん妊娠できなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦ったり悲しかったりでした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。しばらく経ってから、もう一度、チャレンジしてみようとそこから妊活を始めました。身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。その結果、新陳代謝が良くなったためか、基礎体温があがって、冷え性が改善したんです。不妊かなと思ったときには、基礎体温計測から始めてみましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊治療の大事なきっかけになるのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、きちんと守っていくことが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいらっしゃいますよね。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えば肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です