インプラント治療のおすすめ

入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

インプラント治療に関して

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

インプラント専門の歯科医

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。