食育アドバイザー

食育 アドバイザー

食育アドバイザーとは

食育アドバイザーという呼ばれる人がいることをご存知ですか?
まず、食育とは、食を通して生涯に亘り健全な心身を育むことです。私たち国民が豊かな人間性をはぐくむために「食育基本法」が平成17年7月に施行されました。
食育アドバイザーは、食に関しての色々な知識と同時にどのようなが食物を食べるべきなのかを、わたしたちが正しく判断していける目を養うサポートをしてくれる人たちです。食育アドバイザーになるには国家資格ではなく、NPO法人による民間資格や認定資格になります。

 

食育アドバイザーを目指す場合は通信講座で学習して自宅試験を受けて資格を得ることができます

 

食育アドバイザーは国家資格ではありませんので、取得してすぐに職業として活かすのは難しいかもしれませんが、食にまつわる知識を得ることで、自分の家庭において活かすことができますね。実際、食育アドバイザーの資格を取っている人たちは料理が好きな人やアレルギー体質のお子さんをお持ちのお母さん方が多いです
食育アドバイザーは食材の選び方を始め、栄養素を活かす調理方法など食にまつわる様々な知識を習得している人です。

 

食育が重要視されている今、食育アドバイザーの人の需要は増え、その活躍の場も広がるのではないでしょうか。

 

食育インストラクター講座の詳細を確認できます↓↓

食育アドバイザーの需要は?

食育推進の取り組みによって食育に関して様々な民間団体が活動を行っています。食育アドバイザーも民間団体の食育のスペシャリストの資格の一つです。食に関する知識と健全な食生活を実践するスペシャリストとして食品の安全性、栄養学などの専門知識を備えた食育活動ができる人が食育アドバイザーです。食育アドバイザーの検定資格も様々ありますが、その一つが日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格で食材の知識、大切さ、食を伝えるコミュニケーション能力を証明する資格です。受験資格は協会指定の認定教育機関等が行う全てのカリキュラムを終了した人が対象で記述式試験を受け70%以上が合格になります。試験は随時で在宅にて受験することができます。食に関する専門家が必要とされる最近では教育、医療、福祉に加え食品業界においても人気と注目度が高く、ますますその傾向が強くなる可能性があります。通信教育では栄養学の基礎や仕組み、正しい食生活の実践法を学ぶことができ資格を取ることで、肥満やアレルギーの人への食育指導や生活習慣病の改善のアドバイスなど幅広く資格を活かせる場所が増えていくのではないでしょうか。

 

食育インストラクター講座の詳細を確認できます↓↓